2008年06月09日

融資の引き方、申し込み編

国民生活金融公庫融資引っ張り作戦。
電話で申し込んだ次の日に「申し込みに必要な書類のご案内」が郵送にて届きました。早い、はやい。

法人営業の場合
1.法人の登記簿謄本
2.最近2期分の税務申告書および決算書の控
3.最近の試算表
4.見積もり書(設備資金の場合)
5.不動産登記事項証明書・公図
6.創業計画書(新規開業の場合)
7.企業概要書

上記の書類が必要となります。(個々によって多少違います。)
この書類以外に貸したくなるような事業計画書とパンフレットを付けて、今日提出。こっちだって早い、はやい。

12日か13日には面談があって、その後融資が実行されるかどうか金額がいくらかが決定されるようです。

国金融資にもいろいろ種類がありますが、うちが今回利用しようとしているのは新規開業資金(設立前〜2期以前の法人)で、1000万円まで無担保、無保証人で借りることができるものです。(諸条件はいろいろあり。)

法人を設立する前なら助成金制度も活用しない手はないかと。実はうちも活用させていただきました。これも色々ありますが、うちが活用したのは返済しなくてもよいタイプ。つまり貰いっぱなし。

知らないと損をすることっていっぱいありますよね。
私の好きな言葉「貰う・拾う・ただ」うっしっし。

めし 752.jpg
(58円で買ってきたパセリ、随分大きくなりました。パセリは添え物だけじゃなくて、天ぷらにしても美味いのだ!)


posted by test at 22:06| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメで失礼します。
毎回読ませていただいております。
今回の融資引き出しの件、非常に興味深く拝見しております。
が、ちょっぴり引っかかったことがありましたので質問させてください。

収益ビル購入の際の国金からの融資引き出しとのことですが、収益ビル購入なのに新規開業資金の融資をうけられるということでしょうか?
裏技ですか?
どんどん裏技のせてください〜〜
Posted by 伊藤家 at 2008年06月10日 14:44
伊藤家さん、はじめまして。

裏技ではありません。
うちは業種が不動産業(賃貸業)なので、う〜んうまく説明できません。
「担保ナシ、保証人ナシ、1000万円の借り方、引き出し方」丸山学氏を参考にしました。
1,500円の本代で1,000万円借りられたら私らしいな、ということでチャレンジ!です。

Posted by うっちゃん at 2008年06月10日 16:45
こんにちは

それがしも 質問・・・

やっぱり ヤメトコ


やっぱり



書こう






この 本に 書いていますか?


返さないで いい 借金て
(事業者『法人』で、ないと無理・みたいですが)


これにて失礼します。
Posted by ロングイ at 2008年06月10日 21:11
ロングイさん、返さないでいい借金ではありません。

助成金の事はこの本には書いていません。
助成金も国・県・市と種類も多々あります。ネットで調べて該当しそうなものを探してみてください。
タイミングが大事で、社労士に○投げした方がいいと思います。
Posted by うっちゃん at 2008年06月10日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。