2008年04月10日

暗闇の怪しい集団

今日も雨です。雨が多いと気が滅入ります。農耕民族ですね。

夕刻、いろいろな都合で薄暗くなってから仲介物件の案内がありました。
全員懐中電灯を持参しての内覧、誰がどう見ても怪しい集団以外の何者にも見えないと思われます。

物件は中心部からちょいとはずれた郊外。
ぱっと見は一戸建て、実は2軒繋がった築25年の借家なのです。
一戸は賃貸中。一戸は原状回復済みで入居待ち。
一戸の家賃でローンの返済も可能。2戸目が入るとほくほく。

価格は路線価に毛が3本生えたくらい。

高松の賃貸状況は非常に厳しくて3割空室のアパートもゴロゴロあります。待っていれば入居してくれた時代はもうとっくの昔なのかも知れません。
不動産投資に関していろいろな相談を受けますが、一番得意とするのは少ない資金でどう増やすかです。賃貸業は実は女性向けなのに、女性からの相談。。。少ないんですよね。


posted by test at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
女装して頑張ってみるかな
そーゆー問題じゃない、、、、ですよね
高松以上に松山ボロボロですよ〜
Posted by a1914 at 2008年04月11日 17:15
a1914さん、お早うございます。
女装、最近どの業界にもおねえ系がやたら多い。
男女両方の気持ちがわかるってことかなぁ?
複雑な世の中になってきました。

松山もそうですか〜。なのにまだ建築中のアパート覆いんですよね。どうなってんだか。生き残る手を日々模索中。です。
Posted by うっちゃん at 2008年04月12日 10:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。